フォーマルな場所での婚活マナー

婚活デートの前の日には、明日の服装などで 、頭を悩ませている方もいらっしゃるかと思いますが、服装だけでなくレストランなどでのマナーや作法なども、もう一度手引きなどを目を通しておくと良いですね。婚活デートになどが、フランス料理などのフォーマルなレストランであった場合、ドレスコードなどがある場合もありますので、きちんとレストランの詳細を調べておきましょう。

格式の高いレストランなどでしたら、レディーファーストとして、お店の方が女性のお客様をナビゲートしてくださいますので、椅子が引かれたら、女性はそちら側に座るようにいたしましょう。そのような格式の高いレストランでは、女性よりも男性が先に席に着くことは良いことではありません。女性の場合、強めのメーキャップをしていきますと、口紅が食器類につくことがありますので、食事がメインのデートであれば、口紅の色などを抑えたものにしておきましょう。またフレグランスなどの香水を身にまとうことも控えましょう。

居酒屋やカジュアルなレストランであれば、お食事をシェアすることも楽しいひとときの一つではあるとは思いますが、フォーマルな場での、お客様同士のお食事のシェアは、マナーとして良いものではありません。どうしても、そのような必要がある場合は 、お食事の注文と同時に、お店の人に相談しなくてはなりません。もしくはお料理が運ばれてきた時に、量に食べきることが難しいのであれば、その場で、その旨をウェイターさんにお伝えするべきです。お店の判断で、お料理を取り分けてくださるなどの心遣いがあるはずです。

お食事が終わってから、膝などにかけてあるナフキンなどをテーブルの上に置くことは、お食事が終わった合図、もしくは、早く帰りたいなどの意思表示につながると考えられています。ですからデートの際などには、そのような作法にも気を配りましょう。もしかしたら、早く帰りたいのかな・・・、などと相手に不快な思いをさせてしまってはなりません。

婚活で結ばれるー恋のSurfingのTOPへ