テーブルマナーと婚活

婚活中、初対面の異性との食事の時間は、大変緊張感のあるものです。そのような中できちんとテーブルマナーを身につけておくことは一緒に食事をしている人への配慮として、品格のあるものを身につけておきたいものですね。「テーブルマナー」が生まれたのは、現在から500年ほど前のフランスであると言われています。1533年、イタリアの名家からフランス王家に嫁いだお姫様、カトリーヌに、食事作法を身につけてもらうために、現地のフランス人シェフが世界最初のテーブルマナーの手引きの本を書いたと言われています。

「食事作法の50則」と呼ばれる、そのテーブルマナーの手引きは、現在主流となるテーブルマナーの礎となっているようです。現代の日本では、国際的な晩餐会などが国内で開かれた場合、イギリス式のテーブルマナーが公式マナーとなっております。明治時代宮内省がバッキンガム宮殿でテーブルマナーを学んだ歴史が、その背景にあるようです。

実は現在、代表的なテーブルマナーとして人々が使っている主なものは、「イギリス式」「フランス式」の2つがあります。それぞれに、スープの飲み方や、フォークの使い方などに多少の違いがありますので、その違いなどを一度整理しておくことは良いと思われます。

実際には、どちらが正しい、正しくないかということはないようですが、「フランス料理」を食べているのに「イギリス式」のテーブルマナーであることは、不釣り合いであると考える人もいるようですので、どちらのテーブルマナーも身につけておくことが、婚活の場などでの安心感につながります。また、食事をするパートナーテーブルマナーの方式に、合わせるというような柔軟性もあると良いですよね。

婚活で結ばれるー恋のSurfingのTOPへ