何の為の結婚でしょうか

「お家のため」に嫁入りをしていた人たちがいた時代があったようです。家族のために、経済のために、子供のために、仕事のために・・・?いったい何の為に皆さんは「結婚」をすることを考え、婚活をしたいと考えていますか?人類の長い歴史的な部分から考えていくと、人々の間に行われていた「結婚」の全ては、「幸せ」であるとは言い切れないようです。

もちろん現代の中でも、結婚生活に何か虐げられてる人々は、少なくないのかもしれません。お家のために嫁入りをしていた人たちの全てが、その境遇に不憫を感じていたかどうかは、分かりませんが、様々な時代の中の「結婚」を考えると、多くの女性たちは、現代女性のように選択権や意志を持つ事が、許されていなかったのではないかというような情景が読み取ることができます。

「結婚における幸せ」とは一体、どのようなものを言うのでしょうか。少しだけ時代を遡ってみますと明治時代男女の平均寿命は40代前後などと、言われています 。このような話を聞きますと、何やら昭和、平成、令和の時代に何が起こったのだろうか、などと考えてしまいますが、その隔たりには、明治時代における乳幼児の死亡率の高さなどが、この数字に表れているのだというようなことも言われています。

また女性の出産などによる死亡率も、この時代は、現代から比較すると高かった、というような事情も隠れているようです。現代における人々の晩婚化や。未婚率の上昇は。人間が「長生きできる」という平均寿命の延び率にも関係性が現れているのかもしれませんね。

あわせて読みたい