女性の婚活のハードル

女性の晩婚化の背景には、その社会進出とキャリアがネックとなっているようです。女性が男性動揺、社会に出てキャリアを積んで、社会的な地位を得るという頃の時期は、ちょうどを女性にとって出産の適齢期などとされる時期に重なっています。

社会の中で多忙に働く女性が、安定的なキャリアを築く頃に、結婚を考え始めますと、高齢出産などと言われる年代になっているケースは少なくないようです。また高齢出産には、身体的リスク、精神的リスクなどが懸念され、年齢的にも限界がありますので、働く女性にとって、30代は「仕事」「結婚」「出産」など、人生の大きなプランニングの設計を見直す必要があるかもしれませんね。

女性の晩婚化に伴って、未婚率などの増加も見られますが、40代からの女性の婚活も、決して簡単なものではないようです。そこには「結婚」=「出産」と言うような固定観念が、日本社会の中に根付いている影響が大きいようです。

もちろん全ての男性が、女性に対して「結婚」=「出産」を、求めているわけではありませんので、婚活サイトや結婚相談所などで、お互いの価値観を、ある程度想定した上でのマッチングなどは行われてはいるようですが、それでも、40代からの女性の婚活においては、対象者として男性からのアプローチを得るには、高いハードルがありそうですね。

あわせて読みたい